万葉集1470番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1470番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1470番について

歌番号

1470番

原文

物部乃|石瀬之<社>乃|霍公鳥|今毛鳴奴<香>|山之常影尓

訓読

もののふの石瀬の社の霍公鳥今も鳴かぬか山の常蔭に

かな読み

もののふの|いはせのもりの|ほととぎす|いまもなかぬか|やまのとかげに

カタカナ読み

モノノフノ|イハセノモリノ|ホトトギス|イマモナカヌカ|ヤマノトカゲニ

ローマ字読み|大文字

MONONOFUNO|IHASENOMORINO|HOTOTOGISU|IMAMONAKANUKA|YAMANOTOKAGENI

ローマ字読み|小文字

mononofuno|ihasenomorino|hototogisu|imamonakanuka|yamanotokageni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|奈良|斑鳩|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(別筆訂正)】歌|杜->社【西(訂正)】【類】【紀】|->香【代匠記初稿本】

寛永版本

もののふの[寛],
いはせのもりの[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
いまもなかぬか[寛],
やまのとかげに,[寛]やまのとかけに,

巻数

第8巻

作者

刀理宣令

タイトルとURLをコピーしました