万葉集1533番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1533番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1533番について

歌番号

1533番

原文

伊香山|野邊尓開有|芽子見者|公之家有|尾花之所念

訓読

伊香山野辺に咲きたる萩見れば君が家なる尾花し思ほゆ

かな読み

いかごやま|のへにさきたる|はぎみれば|きみがいへなる|をばなしおもほゆ

カタカナ読み

イカゴヤマ|ノヘニサキタル|ハギミレバ|キミガイヘナル|ヲバナシオモホユ

ローマ字読み|大文字

IKAGOYAMA|NOHENISAKITARU|HAGIMIREBA|KIMIGAIHENARU|OBANASHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ikagoyama|nohenisakitaru|hagimireba|kimigaihenaru|obanashiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|滋賀県|塩津|羈旅|望郷|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

いかごやま,[寛]いかこやま,
のへにさきたる[寛],
はぎみれば,[寛]はきみれは,
きみがいへなる,[寛]きみかやとれる,
をばなしおもほゆ,[寛]をはなしそおもふ,

巻数

第8巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました