万葉集1642番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1642番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1642番について

歌番号

1642番

原文

棚霧合|雪毛零奴可|梅花|不開之代尓|曽倍而谷将見

訓読

たな霧らひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代にそへてだに見む

かな読み

たなぎらひ|ゆきもふらぬか|うめのはな|さかぬがしろに|そへてだにみむ

カタカナ読み

タナギラヒ|ユキモフラヌカ|ウメノハナ|サカヌガシロニ|ソヘテダニミム

ローマ字読み|大文字

TANAGIRAHI|YUKIMOFURANUKA|UMENOHANA|SAKANUGASHIRONI|SOHETEDANIMIMU

ローマ字読み|小文字

tanagirahi|yukimofuranuka|umenohana|sakanugashironi|sohetedanimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たなぎらひ,[寛]たなきりあひ,
ゆきもふらぬか[寛],
うめのはな[寛],
さかぬがしろに,[寛]さかぬかはりに,
そへてだにみむ,[寛]そへてたにみむ,

巻数

第8巻

作者

安倍奥道

タイトルとURLをコピーしました