万葉集1663番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1663番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1663番について

歌番号

1663番

原文

沫雪乃|庭尓零敷|寒夜乎|手枕不纒|一香聞将宿

訓読

沫雪の庭に降り敷き寒き夜を手枕まかずひとりかも寝む

かな読み

あわゆきの|にはにふりしき|さむきよを|たまくらまかず|ひとりかもねむ

カタカナ読み

アワユキノ|ニハニフリシキ|サムキヨヲ|タマクラマカズ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

AWAYUKINO|NIHANIFURISHIKI|SAMUKIYO|TAMAKURAMAKAZU|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

awayukino|nihanifurishiki|samukiyo|tamakuramakazu|hitorikamonemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あわゆきの,[寛]あはゆきの,
にはにふりしき[寛],
さむきよを[寛],
たまくらまかず,[寛]たまくらまかす,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました