万葉集1431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1431番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1431番について

歌番号

1431番

原文

百濟野乃|芽古枝尓|待春跡|居之鴬|鳴尓鶏鵡鴨

訓読

百済野の萩の古枝に春待つと居りし鴬鳴きにけむかも

かな読み

くだらのの|はぎのふるえに|はるまつと|をりしうぐひす|なきにけむかも

カタカナ読み

クダラノノ|ハギノフルエニ|ハルマツト|ヲリシウグヒス|ナキニケムカモ

ローマ字読み|大文字

KUDARANONO|HAGINOFURUENI|HARUMATSUTO|ORISHIUGUHISU|NAKINIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kudaranono|haginofurueni|harumatsuto|orishiuguhisu|nakinikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良県|広陵町|地名|植物|動物

校異

歌【西】謌

寛永版本

くだらのの,[寛]くたらのの,
はぎのふるえに,[寛]はきのふるえに,
はるまつと[寛],
をりしうぐひす,[寛]すみしうくひす,
なきにけむかも[寛],

巻数

第8巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました