万葉集1501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1501番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1501番について

歌番号

1501番

原文

霍公鳥|鳴峯乃上能|宇乃花之|猒事有哉|君之不来益

訓読

霍公鳥鳴く峰の上の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ

かな読み

ほととぎす|なくをのうへの|うのはなの|うきことあれや|きみがきまさぬ

カタカナ読み

ホトトギス|ナクヲノウヘノ|ウノハナノ|ウキコトアレヤ|キミガキマサヌ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKUONOHENO|UNOHANANO|UKIKOTOAREYA|KIMIGAKIMASANU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakuonoheno|unohanano|ukikotoareya|kimigakimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|女嬥立場|宴席|恨牫|植物|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくをのうへの[寛],
うのはなの[寛],
うきことあれや[寛],
きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,

巻数

第8巻

作者

小治田広耳

タイトルとURLをコピーしました