万葉集1499番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1499番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1499番について

歌番号

1499番

原文

事繁|君者不来益|霍公鳥|汝太尓来鳴|朝戸将開

訓読

言繁み君は来まさず霍公鳥汝れだに来鳴け朝戸開かむ

かな読み

ことしげみ|きみはきまさず|ほととぎす|なれだにきなけ|あさとひらかむ

カタカナ読み

コトシゲミ|キミハキマサズ|ホトトギス|ナレダニキナケ|アサトヒラカム

ローマ字読み|大文字

KOTOSHIGEMI|KIMIHAKIMASAZU|HOTOTOGISU|NAREDANIKINAKE|ASATOHIRAKAMU

ローマ字読み|小文字

kotoshigemi|kimihakimasazu|hototogisu|naredanikinake|asatohirakamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|宴席|誦詠|女歌|尫柜蹋|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ことしげみ,[寛]ことしけみ,
きみはきまさず,[寛]きみはきまさす,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なれだにきなけ,[寛]なれたにきなけ,
あさとひらかむ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴四綱

タイトルとURLをコピーしました