万葉集1426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1426番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1426番について

歌番号

1426番

原文

吾勢子尓|令見常念之|梅花|其十方不所見|雪乃零有者

訓読

我が背子に見せむと思ひし梅の花それとも見えず雪の降れれば

かな読み

わがせこに|みせむとおもひし|うめのはな|それともみえず|ゆきのふれれば

カタカナ読み

ワガセコニ|ミセムトオモヒシ|ウメノハナ|ソレトモミエズ|ユキノフレレバ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKONI|MISEMUTOMOHISHI|UMENOHANA|SORETOMOMIEZU|YUKINOFUREREBA

ローマ字読み|小文字

wagasekoni|misemutomohishi|umenohana|soretomomiezu|yukinofurereba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがせこに,[寛]わかせこに,
みせむとおもひし[寛],
うめのはな[寛],
それともみえず,[寛]それともみえす,
ゆきのふれれば,[寛]ゆきのふれれは,

巻数

第8巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました