万葉集1469番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1469番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1469番について

歌番号

1469番

原文

足引之|山霍公鳥|汝鳴者|家有妹|常所思

訓読

あしひきの山霍公鳥汝が鳴けば家なる妹し常に偲はゆ

かな読み

あしひきの|やまほととぎす|ながなけば|いへなるいもし|つねにしのはゆ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマホトトギス|ナガナケバ|イヘナルイモシ|ツネニシノハユ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAHOTOTOGISU|NAGANAKEBA|IHENARUIMOSHI|TSUNENISHINOHAYU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamahototogisu|naganakeba|ihenaruimoshi|tsunenishinohayu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|恋情|望郷|動物

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまほととぎす,[寛]やまほとときす,
ながなけば,[寛]なかなけは,
いへなるいもし,[寛]いへにあるいも,
つねにしのはゆ,[寛]つねにおもほゆ,

巻数

第8巻

作者

沙弥

タイトルとURLをコピーしました