万葉集1043番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1043番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1043番について

歌番号

1043番

原文

霊剋|壽者不知|松之枝|結情者|長等曽念

訓読

たまきはる命は知らず松が枝を結ぶ心は長くとぞ思ふ

かな読み

たまきはる|いのちはしらず|まつがえを|むすぶこころは|ながくとぞおもふ

カタカナ読み

タマキハル|イノチハシラズ|マツガエヲ|ムスブココロハ|ナガクトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

TAMAKIHARU|INOCHIHASHIRAZU|MATSUGAEO|MUSUBUKOKOROHA|NAGAKUTOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

tamakiharu|inochihashirazu|matsugaeo|musubukokoroha|nagakutozomofu

左注|左註

右一首大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|天平16年1月11日年紀|永遠|寿|京都|久邇京|地名

校異

特に無し

寛永版本

たまきはる[寛],
いのちはしらず,[寛]いのちはしらす,
まつがえを,[寛]まつのえを,
むすぶこころは,[寛]むすふこころは,
ながくとぞおもふ,[寛]なかくとそおもふ,

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました