万葉集1007番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1007番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1007番について

歌番号

1007番

原文

言不問|木尚妹與兄|有云乎|直獨子尓|有之苦者

訓読

言問はぬ木すら妹と兄とありといふをただ独り子にあるが苦しさ

かな読み

こととはぬ|きすらいもとせと|ありといふを|ただひとりこに|あるがくるしさ

カタカナ読み

コトトハヌ|キスライモトセト|アリトイフヲ|タダヒトリコニ|アルガクルシサ

ローマ字読み|大文字

KOTOTOHANU|KISURAIMOTOSETO|ARITOIFUO|TADAHITORIKONI|ARUGAKURUSHISA

ローマ字読み|小文字

kototohanu|kisuraimotoseto|aritoifuo|tadahitorikoni|arugakurushisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|独り|悲哀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こととはぬ[寛],
きすらいもとせと,[寛]きすらいもとせ,
ありといふを[寛],
ただひとりこに,[寛]たたひとりこに,
あるがくるしさ,[寛]あるかくるしさ,

巻数

第6巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました