万葉集1031番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1031番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1031番について

歌番号

1031番

原文

後尓之|<人>乎思久|四泥能埼|木綿取之泥而|<好>住跡其念

訓読

後れにし人を思はく思泥の崎木綿取り垂でて幸くとぞ思ふ

かな読み

おくれにし|ひとをおもはく|しでのさき|ゆふとりしでて|さきくとぞおもふ

カタカナ読み

オクレニシ|ヒトヲオモハク|シデノサキ|ユフトリシデテ|サキクトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

OKURENISHI|HITOOMOHAKU|SHIDENOSAKI|YUFUTORISHIDETE|SAKIKUTOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

okurenishi|hitoomohaku|shidenosaki|yufutorishidete|sakikutozomofu

左注|左註

右案此歌者不有此<行>之作乎|所以然言|勅大夫従河口行宮還京勿令従駕焉|何有詠思泥埼作歌哉

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸従駕|望郷|羈旅|三重|天平12年10月年紀|家主|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->人【西(右書)】【元】【類】【紀】|將->好【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|行宮->行【元】【類】【紀】【温】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おくれにし[寛],
ひとをおもはく[寛],
しでのさき,[寛]してのさき,
ゆふとりしでて,[寛]ゆふとりしてて,
さきくとぞおもふ,[寛]すまむとそおもふ,

巻数

第6巻

作者

丹比屋主

タイトルとURLをコピーしました