万葉集955番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集955番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集955番について

歌番号

955番

原文

刺竹之|大宮人乃|家跡住|佐保能山乎者|思哉毛君

訓読

さす竹の大宮人の家と住む佐保の山をば思ふやも君

かな読み

さすたけの|おほみやひとの|いへとすむ|さほのやまをば|おもふやもきみ

カタカナ読み

サスタケノ|オホミヤヒトノ|イヘトスム|サホノヤマヲバ|オモフヤモキミ

ローマ字読み|大文字

SASUTAKENO|OHOMIYAHITONO|IHETOSUMU|SAHONOYAMAOBA|OMOFUYAMOKIMI

ローマ字読み|小文字

sasutakeno|ohomiyahitono|ihetosumu|sahonoyamaoba|omofuyamokimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|望郷|太宰府|福岡|地名|枕詞

校異

太->大【元】【紀】【細】|河->川【元】【紀】【温】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さすたけの[寛],
おほみやひとの[寛],
いへとすむ[寛],
さほのやまをば,[寛]さほのやまをは,
おもふやもきみ[寛],

巻数

第6巻

作者

石川足人

タイトルとURLをコピーしました