万葉集1015番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1015番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1015番について

歌番号

1015番

原文

玉敷而|待益欲利者|多鷄蘇香仁|来有今夜四|樂所念

訓読

玉敷きて待たましよりはたけそかに来る今夜し楽しく思ほゆ

かな読み

たましきて|またましよりは|たけそかに|きたるこよひし|たのしくおもほゆ

カタカナ読み

タマシキテ|マタマシヨリハ|タケソカニ|キタルコヨヒシ|タノシクオモホユ

ローマ字読み|大文字

TAMASHIKITE|MATAMASHIYORIHA|TAKESOKANI|KITARUKOYOHISHI|TANOSHIKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

tamashikite|matamashiyoriha|takesokani|kitarukoyohishi|tanoshikuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|追和|門部王|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たましきて[寛],
またましよりは[寛],
たけそかに[寛],
きたるこよひし[寛],
たのしくおもほゆ,[寛]たのくおもほゆ,

巻数

第6巻

作者

榎井王

タイトルとURLをコピーしました