万葉集1028番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1028番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1028番について

歌番号

1028番

原文

大夫之|高圓山尓|迫有者|里尓下来流|牟射佐i曽此

訓読

ますらをの高円山に迫めたれば里に下り来るむざさびぞこれ

かな読み

ますらをの|たかまとやまに|せめたれば|さとにおりける|むざさびぞこれ

カタカナ読み

マスラヲノ|タカマトヤマニ|セメタレバ|サトニオリケル|ムザサビゾコレ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|TAKAMATOYAMANI|SEMETAREBA|SATONIORIKERU|MUZASABIZOKORE

ローマ字読み|小文字

masuraono|takamatoyamani|semetareba|satoniorikeru|muzasabizokore

左注|左註

右一首大伴坂上郎女作之也|但未逕奏而小獣死斃|因此獻歌停之

事項|分類・ジャンル

雑歌|聖武天皇|遊猟|不奏|天平11年年紀|動物|奈良|地名

校異

泄【西(上書訂正)】【紀】【細】|堵->都【元】【紀】|製->副【西(訂正右書)】【元】【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|之也【元】【紀】(塙)之|歌【西】謌

寛永版本

ますらをの[寛],
たかまとやまに[寛],
せめたれば,[寛]せめたれは,
さとにおりける,[寛]さとにおりくる,
むざさびぞこれ,[寛]むささひそこれ,

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました