万葉集1045番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1045番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1045番について

歌番号

1045番

原文

世間乎|常無物跡|今曽知|平城京師之|移徙見者

訓読

世間を常なきものと今ぞ知る奈良の都のうつろふ見れば

かな読み

よのなかを|つねなきものと|いまぞしる|ならのみやこの|うつろふみれば

カタカナ読み

ヨノナカヲ|ツネナキモノト|イマゾシル|ナラノミヤコノ|ウツロフミレバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAO|TSUNENAKIMONOTO|IMAZOSHIRU|NARANOMIYAKONO|UTSUROFUMIREBA

ローマ字読み|小文字

yononakao|tsunenakimonoto|imazoshiru|naranomiyakono|utsurofumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|哀惜|平城京|荒都歌|無常|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

よのなかを[寛],
つねなきものと[寛],
いまぞしる,[寛]いまそしる,
ならのみやこの[寛],
うつろふみれば,[寛]うつろふみれは,

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました