万葉集924番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集924番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集924番について

歌番号

924番

原文

三吉野乃|象山際乃|木末尓波|幾許毛散和口|鳥之聲可聞

訓読

み吉野の象山の際の木末にはここだも騒く鳥の声かも

かな読み

みよしのの|きさやまのまの|こぬれには|ここだもさわく|とりのこゑかも

カタカナ読み

ミヨシノノ|キサヤマノマノ|コヌレニハ|ココダモサワク|トリノコヱカモ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|KISAYAMANOMANO|KONURENIHA|KOKODAMOSAWAKU|TORINOKOEKAMO

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|kisayamanomano|konureniha|kokodamosawaku|torinokoekamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|宮廷讃美|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みよしのの[寛],
きさやまのまの,[寛]きさやまきはの,
こぬれには,[寛]こすゑには,
ここだもさわく,[寛]ここたもさわく,
とりのこゑかも[寛],

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました