万葉集476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集476番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集476番について

歌番号

476番

原文

吾王|天所知牟登|不思者|於保尓曽見谿流|和豆香蘇麻山

訓読

我が大君天知らさむと思はねばおほにぞ見ける和束杣山

かな読み

わがおほきみ|あめしらさむと|おもはねば|おほにぞみける|わづかそまやま

カタカナ読み

ワガオホキミ|アメシラサムト|オモハネバ|オホニゾミケル|ワヅカソマヤマ

ローマ字読み|大文字

WAGAOHOKIMI|AMESHIRASAMUTO|OMOHANEBA|OHONIZOMIKERU|WAZUKASOMAYAMA

ローマ字読み|小文字

wagaohokimi|ameshirasamuto|omohaneba|ohonizomikeru|wazukasomayama

左注|左註

右三首二月三日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|内舎人|安積皇子|京都|地名|天平16年2月3日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがおほきみ,[寛]わかおほきみ,
あめしらさむと,[寛]あめしられむと,
おもはねば,[寛]おもはねは,
おほにぞみける,[寛]おほにそみける,
わづかそまやま,[寛]わつかそまやま,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました