万葉集471番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集471番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集471番について

歌番号

471番

原文

離家|伊麻須吾妹乎|停不得|山隠都礼|情神毛奈思

訓読

家離りいます我妹を留めかね山隠しつれ心どもなし

かな読み

いへざかり|いますわぎもを|とどめかね|やまかくしつれ|こころどもなし

カタカナ読み

イヘザカリ|イマスワギモヲ|トドメカネ|ヤマカクシツレ|ココロドモナシ

ローマ字読み|大文字

IHEZAKARI|IMASUWAGIMO|TODOMEKANE|YAMAKAKUSHITSURE|KOKORODOMONASHI

ローマ字読み|小文字

ihezakari|imasuwagimo|todomekane|yamakakushitsure|kokorodomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀|悲嘆

校異

特に無し

寛永版本

いへざかり,[寛]いへさかり,
いますわぎもを,[寛]いますわきもを,
とどめかね,[寛]ととかね,
やまかくしつれ,[寛]やまかくれつれ,
こころどもなし,[寛]たましひもなし,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました