万葉集366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集366番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集366番について

歌番号

366番

原文

越海之|角鹿乃濱従|大舟尓|真梶貫下|勇魚取|海路尓出而|阿倍寸管|我榜行者|大夫乃|手結我浦尓|海未通女|塩焼炎|草枕|客之有者|獨為而|見知師無美|綿津海乃|手二巻四而有|珠手次|懸而之努櫃|日本嶋根乎

訓読

越の海の|角鹿の浜ゆ|大船に|真楫貫き下ろし|鯨魚取り|海道に出でて|喘きつつ|我が漕ぎ行けば|ますらをの|手結が浦に|海女娘子|塩焼く煙|草枕|旅にしあれば|ひとりして|見る験なみ|海神の|手に巻かしたる|玉たすき|懸けて偲ひつ|大和島根を

かな読み

こしのうみの|つのがのはまゆ|おほぶねに|まかぢぬきおろし|いさなとり|うみぢにいでて|あへきつつ|わがこぎゆけば|ますらをの|たゆひがうらに|あまをとめ|しほやくけぶり|くさまくら|たびにしあれば|ひとりして|みるしるしなみ|わたつみの|てにまかしたる|たまたすき|かけてしのひつ|やまとしまねを

カタカナ読み

コシノウミノ|ツノガノハマユ|オホブネニ|マカヂヌキオロシ|イサナトリ|ウミヂニイデテ|アヘキツツ|ワガコギユケバ|マスラヲノ|タユヒガウラニ|アマヲトメ|シホヤクケブリ|クサマクラ|タビニシアレバ|ヒトリシテ|ミルシルシナミ|ワタツミノ|テニマカシタル|タマタスキ|カケテシノヒツ|ヤマトシマネヲ

ローマ字読み|大文字

KOSHINOMINO|TSUNOGANOHAMAYU|OHOBUNENI|MAKAJINUKIOROSHI|ISANATORI|UMIJINIIDETE|AHEKITSUTSU|WAGAKOGIYUKEBA|MASURAONO|TAYUHIGAURANI|AMAOTOME|SHIHOYAKUKEBURI|KUSAMAKURA|TABINISHIAREBA|HITORISHITE|MIRUSHIRUSHINAMI|WATATSUMINO|TENIMAKASHITARU|TAMATASUKI|KAKETESHINOHITSU|YAMATOSHIMANEO

ローマ字読み|小文字

koshinomino|tsunoganohamayu|ohobuneni|makajinukioroshi|isanatori|umijiniidete|ahekitsutsu|wagakogiyukeba|masuraono|tayuhigaurani|amaotome|shihoyakukeburi|kusamakura|tabinishiareba|hitorishite|mirushirushinami|watatsumino|tenimakashitaru|tamatasuki|kaketeshinohitsu|yamatoshimaneo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|敦賀|福井|羈旅|望郷|地名|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

こしのうみの[寛],
つのがのはまゆ,[寛]つのかのはまゆ,
おほぶねに,[寛]おほふねに,
まかぢぬきおろし,[寛]まかちぬきをろし,
いさなとり[寛],
うみぢにいでて,[寛]うみちにいてて,
あへきつつ[寛],
わがこぎゆけば,[寛]わかこきゆけは,
ますらをの[寛],
たゆひがうらに,[寛]たゆひかうらに,
あまをとめ[寛],
しほやくけぶり,[寛]しほやくけふり,
くさまくら[寛],
たびにしあれば,[寛]たひにしあれは,
ひとりして[寛],
みるしるしなみ[寛],
わたつみの[寛],
てにまかしたる[寛],
たまたすき[寛],
かけてしのひつ[寛],
やまとしまねを[寛],

巻数

第3巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました