万葉集320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集320番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集320番について

歌番号

320番

原文

不盡嶺尓|零置雪者|六月|十五日消者|其夜布里家利

訓読

富士の嶺に降り置く雪は六月の十五日に消ぬればその夜降りけり

かな読み

ふじのねに|ふりおくゆきは|みなづきの|もちにけぬれば|そのよふりけり

カタカナ読み

フジノネニ|フリオクユキハ|ミナヅキノ|モチニケヌレバ|ソノヨフリケリ

ローマ字読み|大文字

FUJINONENI|FURIOKUYUKIHA|MINAZUKINO|MOCHINIKENUREBA|SONOYOFURIKERI

ローマ字読み|小文字

fujinoneni|furiokuyukiha|minazukino|mochinikenureba|sonoyofurikeri

左注|左註

?右一首高橋連蟲麻呂之歌中出焉|以類載此

事項|分類・ジャンル

雑歌|富士山|静岡|地名|土地讃美|羈旅

校異

歌【西】謌【西(訂正右書)】歌

寛永版本

ふじのねに,[寛]ふしのねに,
ふりおくゆきは[寛],
みなづきの,[寛]みなつきの,
もちにけぬれば,[寛]もちにけぬれは,
そのよふりけり[寛],

巻数

第3巻

作者

高橋虫麻呂

タイトルとURLをコピーしました