万葉集344番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集344番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集344番について

歌番号

344番

原文

痛醜|賢良乎為跡|酒不飲|人乎熟見<者>|猿二鴨似

訓読

あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似む

かな読み

あなみにく|さかしらをすと|さけのまぬ|ひとをよくみば|さるにかもにむ

カタカナ読み

アナミニク|サカシラヲスト|サケノマヌ|ヒトヲヨクミバ|サルニカモニム

ローマ字読み|大文字

ANAMINIKU|SAKASHIRAOSUTO|SAKENOMANU|HITOYOKUMIBA|SARUNIKAMONIMU

ローマ字読み|小文字

anaminiku|sakashiraosuto|sakenomanu|hitoyokumiba|sarunikamonimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

->者【西(右書)】【類】【古】【紀】

寛永版本

あなみにく[寛],
さかしらをすと[寛],
さけのまぬ,[寛]さけのまて,
ひとをよくみば,[寛]ひとをみくむは,
さるにかもにむ[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました