万葉集259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集259番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集259番について

歌番号

259番

原文

何時間毛|神左備祁留鹿|香山之|<鉾>椙之本尓|薜生左右二

訓読

いつの間も神さびけるか香具山の桙杉の本に苔生すまでに

かな読み

いつのまも|かむさびけるか|かぐやまの|ほこすぎのもとに|こけむすまでに

カタカナ読み

イツノマモ|カムサビケルカ|カグヤマノ|ホコスギノモトニ|コケムスマデニ

ローマ字読み|大文字

ITSUNOMAMO|KAMUSABIKERUKA|KAGUYAMANO|HOKOSUGINOMOTONI|KOKEMUSUMADENI

ローマ字読み|小文字

itsunomamo|kamusabikeruka|kaguyamano|hokosuginomotoni|kokemusumadeni

左注|左註

?右今案|遷都寧樂之後怜舊作此歌歟

事項|分類・ジャンル

雑歌|哀惜|荒都歌|高市皇子|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

いつのまも,[寛]いつしかも,
かむさびけるか,[寛]かみさひけるか,
かぐやまの,[寛]かくやまの,
ほこすぎのもとに,[寛]むすきかもとに,
こけむすまでに,[寛]こけむすまてに,

巻数

第3巻

作者

鴨足人

タイトルとURLをコピーしました