万葉集448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集448番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集448番について

歌番号

448番

原文

礒上丹|根蔓室木|見之人乎|何在登問者|語将告可

訓読

礒の上に根延ふむろの木見し人をいづらと問はば語り告げむか

かな読み

いそのうへに|ねばふむろのき|みしひとを|いづらととはば|かたりつげむか

カタカナ読み

イソノウヘニ|ネバフムロノキ|ミシヒトヲ|イヅラトトハバ|カタリツゲムカ

ローマ字読み|大文字

ISONOHENI|NEBAFUMURONOKI|MISHIHITO|IZURATOTOHABA|KATARITSUGEMUKA

ローマ字読み|小文字

isonoheni|nebafumuronoki|mishihito|izuratotohaba|kataritsugemuka

左注|左註

右三首過鞆浦日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|岡山|地名|植物|天平2年12月年紀

校異

歌【西】謌

寛永版本

いそのうへに[寛],
ねばふむろのき,[寛]ねはふむろのき,
みしひとを[寛],
いづらととはば,[寛]いかなりととはは,
かたりつげむか,[寛]かたりつけむか,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました