万葉集258番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集258番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集258番について

歌番号

258番

原文

人不榜|有雲知之|潜為|鴦与高部共|船上住

訓読

人漕がずあらくもしるし潜きする鴛鴦とたかべと船の上に棲む

かな読み

ひとこがず|あらくもしるし|かづきする|をしとたかべと|ふねのうへにすむ

カタカナ読み

ヒトコガズ|アラクモシルシ|カヅキスル|ヲシトタカベト|フネノウヘニスム

ローマ字読み|大文字

HITOKOGAZU|ARAKUMOSHIRUSHI|KAZUKISURU|OSHITOTAKABETO|FUNENOHENISUMU

ローマ字読み|小文字

hitokogazu|arakumoshirushi|kazukisuru|oshitotakabeto|funenohenisumu

左注|左註

?右今案|遷都寧樂之後怜舊作此歌歟

事項|分類・ジャンル

雑歌|哀惜|荒都歌|高市皇子|飛鳥|動物

校異

特に無し

寛永版本

ひとこがず,[寛]ひとこかす,
あらくもしるし[寛],
かづきする,[寛]いさりする,
をしとたかべと,[寛]をしとたかへと,
ふねのうへにすむ[寛],

巻数

第3巻

作者

鴨足人

タイトルとURLをコピーしました