万葉集346番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集346番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集346番について

歌番号

346番

原文

夜光|玉跡言十方|酒飲而|情乎遣尓|豈若目八方

訓読

夜光る玉といふとも酒飲みて心を遣るにあにしかめやも

かな読み

よるひかる|たまといふとも|さけのみて|こころをやるに|あにしかめやも

カタカナ読み

ヨルヒカル|タマトイフトモ|サケノミテ|ココロヲヤルニ|アニシカメヤモ

ローマ字読み|大文字

YORUHIKARU|TAMATOIFUTOMO|SAKENOMITE|KOKOROYARUNI|ANISHIKAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

yoruhikaru|tamatoifutomo|sakenomite|kokoroyaruni|anishikameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

よるひかる[寛],
たまといふとも[寛],
さけのみて[寛],
こころをやるに[寛],
あにしかめやも[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました