万葉集477番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集477番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集477番について

歌番号

477番

原文

足桧木乃|山左倍光|咲花乃|散去如寸|吾王香聞

訓読

あしひきの山さへ光り咲く花の散りぬるごとき我が大君かも

かな読み

あしひきの|やまさへひかり|さくはなの|ちりぬるごとき|わがおほきみかも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサヘヒカリ|サクハナノ|チリヌルゴトキ|ワガオホキミカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAHEHIKARI|SAKUHANANO|CHIRINURUGOTOKI|WAGAOHOKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasahehikari|sakuhanano|chirinurugotoki|wagaohokimikamo

左注|左註

右三首二月三日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|内舎人|安積皇子|天平16年2月3日年紀

校異

歌【西】謌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさへひかり,[寛]やまさへてりて,
さくはなの[寛],
ちりぬるごとき,[寛]ちりゆくことき,
わがおほきみかも,[寛]わかおほきみかも,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました