万葉集315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集315番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集315番について

歌番号

315番

原文

見吉野之|芳野乃宮者|山可良志|貴有師|<水>可良思|清有師|天地与|長久|萬代尓|不改将有|行幸之<宮>

訓読

み吉野の|吉野の宮は|山からし|貴くあらし|川からし|さやけくあらし|天地と|長く久しく|万代に|変はらずあらむ|幸しの宮

かな読み

みよしのの|よしののみやは|やまからし|たふとくあらし|かはからし|さやけくあらし|あめつちと|ながくひさしく|よろづよに|かはらずあらむ|いでましのみや

カタカナ読み

ミヨシノノ|ヨシノノミヤハ|ヤマカラシ|タフトクアラシ|カハカラシ|サヤケクアラシ|アメツチト|ナガクヒサシク|ヨロヅヨニ|カハラズアラム|イデマシノミヤ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|YOSHINONOMIYAHA|YAMAKARASHI|TAFUTOKUARASHI|KAHAKARASHI|SAYAKEKUARASHI|AMETSUCHITO|NAGAKUHISASHIKU|YOROZUYONI|KAHARAZUARAMU|IDEMASHINOMIYA

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|yoshinonomiyaha|yamakarashi|tafutokuarashi|kahakarashi|sayakekuarashi|ametsuchito|nagakuhisashiku|yorozuyoni|kaharazuaramu|idemashinomiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|宮廷讃美|地名|土地讃美

校異

永->水【類】|處->宮【類】【紀】

寛永版本

みよしのの[寛],
よしののみやは[寛],
やまからし[寛],
たふとくあらし,[寛]たふとかるらし,
かはからし,[寛]なかからし,
さやけくあらし,[寛]いさきよからし,
あめつちと[寛],
ながくひさしく,[寛]なかくひさしき,
よろづよに,[寛]よろつよに,
かはらずあらむ,[寛]かはらすあらむ,
いでましのみや,[寛]みゆきしみや

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました