万葉集345番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集345番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集345番について

歌番号

345番

原文

價無|寳跡言十方|一坏乃|濁酒尓|豈益目八<方>

訓読

価なき宝といふとも一杯の濁れる酒にあにまさめやも

かな読み

あたひなき|たからといふとも|ひとつきの|にごれるさけに|あにまさめやも

カタカナ読み

アタヒナキ|タカラトイフトモ|ヒトツキノ|ニゴレルサケニ|アニマサメヤモ

ローマ字読み|大文字

ATAHINAKI|TAKARATOIFUTOMO|HITOTSUKINO|NIGORERUSAKENI|ANIMASAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

atahinaki|takaratoifutomo|hitotsukino|nigorerusakeni|animasameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

->方【類】【古】【紀】

寛永版本

あたひなき[寛],
たからといふとも[寛],
ひとつきの[寛],
にごれるさけに,[寛]にこれるさけに,
あにまさめやも,[寛]あにまさらめや,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました