スポンサーリンク
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1782番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1782番について歌番号1782番原文雪己曽波|春日消良米|心佐閇|消失多列夜|言母不徃来訓読雪こそば春日消ゆらめ心さへ消え失せたれや言も通はぬかな読みゆきこ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1783番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1783番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1783番について歌番号1783番原文松反|四臂而有八羽|三栗|中上不来|麻呂等言八子訓読松返りしひてあれやは三栗の中上り来ぬ麻呂といふ奴かな読みまつがへり|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1265番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1265番について歌番号1265番原文今年去|新嶋守之|麻衣|肩乃間乱者|取見訓読今年行く新防人が麻衣肩のまよひは誰れか取り見むかな読みことしゆく|にひさきも...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集961番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集961番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集961番について歌番号961番原文湯原尓|鳴蘆多頭者|如吾|妹尓戀哉|時不定鳴訓読湯の原に鳴く葦鶴は我がごとく妹に恋ふれや時わかず鳴くかな読みゆのはらに|なくあ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集543番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集543番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集543番について歌番号543番原文天皇之|行幸乃随意|物部乃|八十伴雄与|出去之|愛夫者|天翔哉|軽路従|玉田次|畝火乎見管|麻裳吉|木道尓入立|真土山|越良武...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集544番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集544番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集544番について歌番号544番原文後居而|戀乍不有者|木國乃|妹背乃山尓|有益物乎訓読後れ居て恋ひつつあらずは紀の国の妹背の山にあらましものをかな読みおくれゐて...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集545番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集545番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集545番について歌番号545番原文吾背子之|跡履求|追去者|木乃關守伊|将留鴨訓読我が背子が跡踏み求め追ひ行かば紀の関守い留めてむかもかな読みわがせこが|あとふ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集210番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集210番について歌番号210番原文打蝉等|念之時尓||取持而|吾二人見之|趍出之|堤尓立有|槻木之|己知碁乃枝之|春葉之|茂之如久|念有之|妹者雖有|之|兒等尓...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集211番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集211番について歌番号211番原文去年見而之|秋乃月夜者|雖照|相見之妹者|弥年放訓読去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離るかな読みこぞみてし|あき...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集212番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集212番について歌番号212番原文衾道乎|引手乃山尓|妹乎置而|山徑徃者|生跡毛無訓読衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなしかな読みふすまぢを|ひ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集213番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集213番について歌番号213番原文宇都曽臣等|念之時|携手|吾二見之|出立|百兄槻木|虚知期知尓|枝刺有如|春葉|茂如|念有之|妹庭雖在|恃有之|妹庭雖在|世中...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集214番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集214番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集214番について歌番号214番原文去年見而之|秋月夜者|雖渡|相見之妹者|益年離訓読去年見てし秋の月夜は渡れども相見し妹はいや年離るかな読みこぞみてし|あきのつ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集215番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集215番について歌番号215番原文衾路|引出山|妹|山路念邇|生刀毛無訓読衾道を引手の山に妹を置きて山道思ふに生けるともなしかな読みふすまぢを|ひきでのやまに|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集216番について歌番号216番原文家来而|吾屋乎見者|玉床之|外向来|妹木枕訓読家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕かな読みいへにきて|わがやをみれ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集207番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集207番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集207番について歌番号207番原文天飛也|軽路者|吾妹兒之|里尓思有者|懃|欲見騰|不已行者|入目乎多見|真根久徃者|人應知見|狭根葛|後毛将相等|大船之|思憑...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集208番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集208番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集208番について歌番号208番原文秋山之|黄葉乎茂|迷流|妹乎将求|山道不知母|訓読秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも|かな読みあきやまの|もみちを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集209番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集209番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集209番について歌番号209番原文黄葉之|落去奈倍尓|玉梓之|使乎見者|相日所念訓読黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆかな読みもみちばの|ちりゆ...
タイトルとURLをコピーしました