万葉集961番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集961番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集961番について

歌番号

961番

原文

湯原尓|鳴蘆多頭者|如吾|妹尓戀哉|時不定鳴

訓読

湯の原に鳴く葦鶴は我がごとく妹に恋ふれや時わかず鳴く

かな読み

ゆのはらに|なくあしたづは|あがごとく|いもにこふれや|ときわかずなく

カタカナ読み

ユノハラニ|ナクアシタヅハ|アガゴトク|イモニコフレヤ|トキワカズナク

ローマ字読み|大文字

YUNOHARANI|NAKUASHITAZUHA|AGAGOTOKU|IMONIKOFUREYA|TOKIWAKAZUNAKU

ローマ字読み|小文字

yunoharani|nakuashitazuha|agagotoku|imonikofureya|tokiwakazunaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|二日市温泉|妻|地名|動物|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ゆのはらに[寛],
なくあしたづは,[寛]なくあしたつは,
あがごとく,[寛]わかことく,
いもにこふれや[寛],
ときわかずなく,[寛]ときわかすなく,

巻数

第6巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました