万葉集4321番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4321番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4321番について

歌番号

4321番

原文

可之古伎夜|美許等加我布理|阿須由利也|加曳<我>牟多祢<牟>|伊牟奈之尓志弖

訓読

畏きや命被り明日ゆりや草がむた寝む妹なしにして

かな読み

かしこきや|みことかがふり|あすゆりや|かえがむたねむ|いむなしにして

カタカナ読み

カシコキヤ|ミコトカガフリ|アスユリヤ|カエガムタネム|イムナシニシテ

ローマ字読み|大文字

KASHIKOKIYA|MIKOTOKAGAFURI|ASUYURIYA|KAEGAMUTANEMU|IMUNASHINISHITE

ローマ字読み|小文字

kashikokiya|mikotokagafuri|asuyuriya|kaegamutanemu|imunashinishite

左注|左註

右一首國造丁長下郡物部秋持||二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首|但有拙劣歌十一首不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月6日年紀|防人歌|恋情|静岡|坂本人上

校異

我伊->我【元】【古】|乎->牟【元】【類】【古】

寛永版本

かしこきや[寛],
みことかがふり,[寛]みことかかふり,
あすゆりや[寛],
かえがむたねむ,[寛]かえかいむたねを,
いむなしにして[寛],

巻数

第20巻

作者

物部秋持

タイトルとURLをコピーしました