万葉集4295番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4295番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4295番について

歌番号

4295番

原文

多可麻刀能|乎婆奈布伎故酒|秋風尓|比毛等伎安氣奈|多太奈良受等母

訓読

高円の尾花吹き越す秋風に紐解き開けな直ならずとも

かな読み

たかまとの|をばなふきこす|あきかぜに|ひもときあけな|ただならずとも

カタカナ読み

タカマトノ|ヲバナフキコス|アキカゼニ|ヒモトキアケナ|タダナラズトモ

ローマ字読み|大文字

TAKAMATONO|OBANAFUKIKOSU|AKIKAZENI|HIMOTOKIAKENA|TADANARAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

takamatono|obanafukikosu|akikazeni|himotokiakena|tadanarazutomo

左注|左註

右一首左京少進大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年8月12日年紀|地名|高円|奈良|宴席|植物

校異

天平勝宝五年八月【細】(塙)八月|酒【類】【春】須

寛永版本

たかまとの[寛],
をばなふきこす,[寛]をはなふきこす,
あきかぜに,[寛]あきかせに,
ひもときあけな[寛],
ただならずとも,[寛]たたならすとも,

巻数

第20巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました