万葉集4336番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4336番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4336番について

歌番号

4336番

原文

佐吉母利能|保理江己藝豆流|伊豆手夫祢|可治<登>流間奈久|戀波思氣家牟

訓読

防人の堀江漕ぎ出る伊豆手船楫取る間なく恋は繁けむ

かな読み

さきもりの|ほりえこぎづる|いづてぶね|かぢとるまなく|こひはしげけむ

カタカナ読み

サキモリノ|ホリエコギヅル|イヅテブネ|カヂトルマナク|コヒハシゲケム

ローマ字読み|大文字

SAKIMORINO|HORIEKOGIZURU|IZUTEBUNE|KAJITORUMANAKU|KOHIHASHIGEKEMU

ローマ字読み|小文字

sakimorino|horiekogizuru|izutebune|kajitorumanaku|kohihashigekemu

左注|左註

右九日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月9日年紀|防人歌|恋情|同情|地名|難波|大阪#[訓異]

校異

等->登【元】【類】

寛永版本

さきもりの[寛],
ほりえこぎづる,[寛]ほりえこきつる,
いづてぶね,[寛]いつてふね,
かぢとるまなく,[寛]かちとるまなく,
こひはしげけむ,[寛]こひはしけけむ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました