万葉集4217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4217番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4217番について

歌番号

4217番

原文

宇能花乎|令腐霖雨之|始水<邇>|縁木積成|将因兒毛我母

訓読

卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがも

かな読み

うのはなを|くたすながめの|みづはなに|よるこつみなす|よらむこもがも

カタカナ読み

ウノハナヲ|クタスナガメノ|ミヅハナニ|ヨルコツミナス|ヨラムコモガモ

ローマ字読み|大文字

UNOHANAO|KUTASUNAGAMENO|MIZUHANANI|YORUKOTSUMINASU|YORAMUKOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

unohanao|kutasunagameno|mizuhanani|yorukotsuminasu|yoramukomogamo

左注|左註

右二首五月

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年5月年紀|植物|序詞|恋情|鬱屈|高岡|富山

校異

逝->邇【代匠記初稿本】

寛永版本

うのはなを[寛],
くたすながめの,[寛]くたすなかめの,
みづはなに,[寛]みつはなに,
よるこつみなす,[寛]よるこつみなし,
よらむこもがも,[寛]よらむこもかも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました