万葉集4210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4210番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4210番について

歌番号

4210番

原文

敷治奈美乃|志氣里波須疑奴|安志比紀乃|夜麻保登等藝須|奈騰可伎奈賀奴

訓読

藤波の茂りは過ぎぬあしひきの山霍公鳥などか来鳴かぬ

かな読み

ふぢなみの|しげりはすぎぬ|あしひきの|やまほととぎす|などかきなかぬ

カタカナ読み

フヂナミノ|シゲリハスギヌ|アシヒキノ|ヤマホトトギス|ナドカキナカヌ

ローマ字読み|大文字

FUJINAMINO|SHIGERIHASUGINU|ASHIHIKINO|YAMAHOTOTOGISU|NADOKAKINAKANU

ローマ字読み|小文字

fujinamino|shigerihasuginu|ashihikino|yamahototogisu|nadokakinakanu

左注|左註

右廿三日<掾>久米朝臣廣縄和

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月23日年紀|贈答|和歌|大伴家持|枕詞|動物|植物

校異

様->掾【西(訂正右書)】【元】【文】【紀】

寛永版本

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
しげりはすぎぬ,[寛]しけりはすきぬ,
あしひきの[寛],
やまほととぎす,[寛]やまほとときす,
などかきなかぬ,[寛]なとかきなかぬ,

巻数

第19巻

作者

久米広縄

タイトルとURLをコピーしました