万葉集4224番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4224番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4224番について

歌番号

4224番

原文

朝霧之|多奈引田為尓|鳴鴈乎|留得哉|吾屋戸能波義

訓読

朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも我が宿の萩

かな読み

あさぎりの|たなびくたゐに|なくかりを|とどめえむかも|わがやどのはぎ

カタカナ読み

アサギリノ|タナビクタヰニ|ナクカリヲ|トドメエムカモ|ワガヤドノハギ

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINO|TANABIKUTAINI|NAKUKARIO|TODOMEMUKAMO|WAGAYADONOHAGI

ローマ字読み|小文字

asagirino|tanabikutaini|nakukario|todomemukamo|wagayadonohagi

左注|左註

右一首歌者幸於芳野宮之時藤原皇后御作|但年月未審詳|十月五日河邊朝臣東人傳誦云尓

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年10月5日年紀|伝承|誦詠|河辺東人|吉野|動物|植物|古歌|高岡|富山

校異

后【西(右書)】后宮

寛永版本

あさぎりの,[寛]あさきりの,
たなびくたゐに,[寛]たなひくたゐに,
なくかりを[寛],
とどめえむかも,[寛]ととめえてむや,
わがやどのはぎ,[寛]わかやとのはき,

巻数

第19巻

作者

光明皇后

タイトルとURLをコピーしました