万葉集4228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4228番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4228番について

歌番号

4228番

原文

有都々毛|御見多麻波牟曽|大殿乃|此母等保里能|雪奈布美曽祢

訓読

ありつつも見したまはむぞ大殿のこの廻りの雪な踏みそね

かな読み

ありつつも|めしたまはむぞ|おほとのの|このもとほりの|ゆきなふみそね

カタカナ読み

アリツツモ|メシタマハムゾ|オホトノノ|コノモトホリノ|ユキナフミソネ

ローマ字読み|大文字

ARITSUTSUMO|MESHITAMAHAMUZO|OHOTONONO|KONOMOTOHORINO|YUKINAFUMISONE

ローマ字読み|小文字

aritsutsumo|meshitamahamuzo|ohotonono|konomotohorino|yukinafumisone

左注|左註

右二首歌者三形沙弥承贈左大臣藤原北卿之語作誦之也|聞之傳者笠朝臣子君|復後傳讀者越中國<掾>久米朝臣廣縄是也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年年紀|藤原房前|笠子君|久米広縄|伝誦|予祝|寿歌|宮廷|高岡|富山|古歌

校異

作【元】依|様->掾【元】【文】【紀】

寛永版本

ありつつも[寛],
めしたまはむぞ,[寛]めしたまはむそ,
おほとのの[寛],
このもとほりの[寛],
ゆきなふみそね[寛],

巻数

第19巻

作者

三形沙弥

タイトルとURLをコピーしました