万葉集4237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4237番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4237番について

歌番号

4237番

原文

寤尓等|念氐之可毛|夢耳尓|手本巻<寐>等|見者須便奈之

訓読

うつつにと思ひてしかも夢のみに手本巻き寝と見ればすべなし

かな読み

うつつにと|おもひてしかも|いめのみに|たもとまきぬと|みればすべなし

カタカナ読み

ウツツニト|オモヒテシカモ|イメノミニ|タモトマキヌト|ミレバスベナシ

ローマ字読み|大文字

UTSUTSUNITO|OMOHITESHIKAMO|IMENOMINI|TAMOTOMAKINUTO|MIREBASUBENASHI

ローマ字読み|小文字

utsutsunito|omohiteshikamo|imenomini|tamotomakinuto|mirebasubenashi

左注|左註

右二首傳誦遊行女婦蒲生是也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月3日年紀|挽歌|悲別|亡妻挽歌|伝誦|古歌|遊行女婦蒲生|宴席|高岡|富山

校異

寤->寐【元】【文】【古】

寛永版本

うつつにと,[寛]うつつにも,
おもひてしかも[寛],
いめのみに,[寛]ゆめのみに,
たもとまきぬと[寛],
みればすべなし,[寛]みれはすへなし,

巻数

第19巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました