万葉集4174番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4174番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4174番について

歌番号

4174番

原文

春裏之|樂終者|梅花|手折乎伎都追|遊尓可有

訓読

春のうちの楽しき終は梅の花手折り招きつつ遊ぶにあるべし

かな読み

はるのうちの|たのしきをへは|うめのはな|たをりをきつつ|あそぶにあるべし

カタカナ読み

ハルノウチノ|タノシキヲヘハ|ウメノハナ|タヲリヲキツツ|アソブニアルベシ

ローマ字読み|大文字

HARUNOCHINO|TANOSHIKIOHEHA|UMENOHANA|TAORIOKITSUTSU|ASOBUNIARUBESHI

ローマ字読み|小文字

harunochino|tanoshikioheha|umenohana|taoriokitsutsu|asobuniarubeshi

左注|左註

右一首廿七日依興作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月27日年紀|追和|太宰府|梅花宴|宴席|依興|高岡|富山

校異

太->大【元】【文】【紀】【矢】|花->苑【万葉集略解】

寛永版本

はるのうちの[寛],
たのしきをへは[寛],
うめのはな[寛],
たをりをきつつ,[寛]たおりおきつつ,
あそぶにあるべし,[寛]あそふにかあらむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました