万葉集4257番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4257番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4257番について

歌番号

4257番

原文

手束弓|手尓取持而|朝猟尓|君者立<之>奴|多奈久良能野尓

訓読

手束弓手に取り持ちて朝狩りに君は立たしぬ棚倉の野に

かな読み

たつかゆみ|てにとりもちて|あさがりに|きみはたたしぬ|たなくらののに

カタカナ読み

タツカユミ|テニトリモチテ|アサガリニ|キミハタタシヌ|タナクラノノニ

ローマ字読み|大文字

TATSUKAYUMI|TENITORIMOCHITE|ASAGARINI|KIMIHATATASHINU|TANAKURANONONI

ローマ字読み|小文字

tatsukayumi|tenitorimochite|asagarini|kimihatatashinu|tanakuranononi

左注|左註

右一首治部卿船王傳誦之|久邇京都時歌|[未詳作<主>也]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年10月22日年紀|宴席|古歌|伝誦|船王|狩猟|大君|久邇京|天平13年

校異

去->之【元】【類】|至->主【元】【文】【紀】

寛永版本

たつかゆみ[寛],
てにとりもちて[寛],
あさがりに,[寛]あさかりに,
きみはたたしぬ,[寛]きみはたちいぬ,
たなくらののに[寛],

巻数

第19巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました