万葉集4175番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4175番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4175番について

歌番号

4175番

原文

霍公鳥|今来喧曽<无>|菖蒲|可都良久麻泥尓|加流々日安良米也|[毛能波三箇辞闕之]

訓読

霍公鳥今来鳴きそむあやめぐさかづらくまでに離るる日あらめや|[毛能波三箇辞闕之]

かな読み

ほととぎす|いまきなきそむ|あやめぐさ|かづらくまでに|かるるひあらめや

カタカナ読み

ホトトギス|イマキナキソム|アヤメグサ|カヅラクマデニ|カルルヒアラメヤ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|IMAKINAKISOMU|AYAMEGUSA|KAZURAKUMADENI|KARURUHIARAMEYA

ローマ字読み|小文字

hototogisu|imakinakisomu|ayamegusa|kazurakumadeni|karuruhiarameya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年年紀|動物|植物|高岡|富山|恋情

校異

無->无【元】【類】

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
いまきなきそむ[寛],
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
かづらくまでに,[寛]かつらくまてに,
かるるひあらめや[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました