万葉集4252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4252番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4252番について

歌番号

4252番

原文

君之家尓|殖有芽子之|始花乎|折而挿頭奈|客別度知

訓読

君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別るどち

かな読み

きみがいへに|うゑたるはぎの|はつはなを|をりてかざさな|たびわかるどち

カタカナ読み

キミガイヘニ|ウヱタルハギノ|ハツハナヲ|ヲリテカザサナ|タビワカルドチ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAIHENI|UETARUHAGINO|HATSUHANAO|ORITEKAZASANA|TABIWAKARUDOCHI

ローマ字読み|小文字

kimigaiheni|uetaruhagino|hatsuhanao|oritekazasana|tabiwakarudochi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月5日年紀|大伴池主|大伴家持|福井|武生|羈旅|植物|悲別

校異

特に無し

寛永版本

きみがいへに,[寛]きみかいへに,
うゑたるはぎの,[寛]うゑたるはきの,
はつはなを[寛],
をりてかざさな,[寛]をりてかささな,
たびわかるどち,[寛]たひわかるとち,

巻数

第19巻

作者

久米広縄

タイトルとURLをコピーしました