万葉集4234番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4234番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4234番について

歌番号

4234番

原文

鳴鶏者|弥及鳴杼|落雪之|千重尓積許曽|吾等立可氐祢

訓読

鳴く鶏はいやしき鳴けど降る雪の千重に積めこそ我が立ちかてね

かな読み

なくとりは|いやしきなけど|ふるゆきの|ちへにつめこそ|わがたちかてね

カタカナ読み

ナクトリハ|イヤシキナケド|フルユキノ|チヘニツメコソ|ワガタチカテネ

ローマ字読み|大文字

NAKUTORIHA|IYASHIKINAKEDO|FURUYUKINO|CHIHENITSUMEKOSO|WAGATACHIKATENE

ローマ字読み|小文字

nakutoriha|iyashikinakedo|furuyukino|chihenitsumekoso|wagatachikatene

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月3日年紀|宴席|内蔵縄麻呂|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

なくとりは[寛],
いやしきなけど,[寛]いやしきなけと,
ふるゆきの[寛],
ちへにつめこそ,[寛]ちへにつむこそ,
わがたちかてね[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました