万葉集4230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4230番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4230番について

歌番号

4230番

原文

落雪乎|腰尓奈都美弖|参来之|印毛有香|年之初尓

訓読

降る雪を腰になづみて参ゐて来し験もあるか年の初めに

かな読み

ふるゆきを|こしになづみて|まゐてこし|しるしもあるか|としのはじめに

カタカナ読み

フルユキヲ|コシニナヅミテ|マヰテコシ|シルシモアルカ|トシノハジメニ

ローマ字読み|大文字

FURUYUKIO|KOSHININAZUMITE|MAITEKOSHI|SHIRUSHIMOARUKA|TOSHINOHAJIMENI

ローマ字読み|小文字

furuyukio|koshininazumite|maitekoshi|shirushimoaruka|toshinohajimeni

左注|左註

右一首三日會集介内蔵忌寸縄麻呂之舘宴樂時大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月3日年紀|寿歌|予祝|宴席|内蔵縄麻呂|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

ふるゆきを[寛],
こしになづみて,[寛]こしになつみて,
まゐてこし,[寛]まゐりこし,
しるしもあるか[寛],
としのはじめに,[寛]としのはしめに,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました