万葉集4184番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4184番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4184番について

歌番号

4184番

原文

山吹乃|花執持而|都礼毛奈久|可礼尓之妹乎|之努比都流可毛

訓読

山吹の花取り持ちてつれもなく離れにし妹を偲ひつるかも

かな読み

やまぶきの|はなとりもちて|つれもなく|かれにしいもを|しのひつるかも

カタカナ読み

ヤマブキノ|ハナトリモチテ|ツレモナク|カレニシイモヲ|シノヒツルカモ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKINO|HANATORIMOCHITE|TSUREMONAKU|KARENISHIIMO|SHINOHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamabukino|hanatorimochite|tsuremonaku|karenishiimo|shinohitsurukamo

左注|左註

右四月五日従留女之女郎所送也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月5日年紀|家持妹|大伴家持|贈答|坂上大嬢|恋情|富山|高岡

校異

女之【類】京

寛永版本

やまぶきの,[寛]やまふきの,
はなとりもちて[寛],
つれもなく[寛],
かれにしいもを[寛],
しのひつるかも[寛],

巻数

第19巻

作者

留女女郎

タイトルとURLをコピーしました