万葉集4030番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4030番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4030番について

歌番号

4030番

原文

宇具比須波|伊麻波奈可牟等|可多麻氐<婆>|可須美多奈妣吉|都奇波倍尓都追

訓読

鴬は今は鳴かむと片待てば霞たなびき月は経につつ

かな読み

うぐひすは|いまはなかむと|かたまてば|かすみたなびき|つきはへにつつ

カタカナ読み

ウグヒスハ|イマハナカムト|カタマテバ|カスミタナビキ|ツキハヘニツツ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUHA|IMAHANAKAMUTO|KATAMATEBA|KASUMITANABIKI|TSUKIHAHENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

uguhisuha|imahanakamuto|katamateba|kasumitanabiki|tsukihahenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|怨恨|季節|風物

校異

波->婆【元】【類】

寛永版本

うぐひすは,[寛]うくひすは,
いまはなかむと[寛],
かたまてば,[寛]かたまては,
かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,
つきはへにつつ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました