万葉集3903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3903番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3903番について

歌番号

3903番

原文

春雨尓|毛延之楊奈疑可|烏梅乃花|登母尓於久礼奴|常乃物能香聞

訓読

春雨に萌えし柳か梅の花ともに後れぬ常の物かも

かな読み

はるさめに|もえしやなぎか|うめのはな|ともにおくれぬ|つねのものかも

カタカナ読み

ハルサメニ|モエシヤナギカ|ウメノハナ|トモニオクレヌ|ツネノモノカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAMENI|MOESHIYANAGIKA|UMENOHANA|TOMONIOKURENU|TSUNENOMONOKAMO

ローマ字読み|小文字

harusameni|moeshiyanagika|umenohana|tomoniokurenu|tsunenomonokamo

左注|左註

右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作

事項|分類・ジャンル

天平12年12月9日年紀|追和|梅花宴|植物

校異

特に無し

寛永版本

はるさめに[寛],
もえしやなぎか,[寛]もえしやなきか,
うめのはな[寛],
ともにおくれぬ[寛],
つねのものかも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました