万葉集4009番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4009番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4009番について

歌番号

4009番

原文

多麻保許<乃>|美知能可<未>多知|麻比波勢牟|安賀於毛布伎美乎|奈都可之美勢余

訓読

玉桙の道の神たち賄はせむ我が思ふ君をなつかしみせよ

かな読み

たまほこの|みちのかみたち|まひはせむ|あがおもふきみを|なつかしみせよ

カタカナ読み

タマホコノ|ミチノカミタチ|マヒハセム|アガオモフキミヲ|ナツカシミセヨ

ローマ字読み|大文字

TAMAHOKONO|MICHINOKAMITACHI|MAHIHASEMU|AGAOMOFUKIMIO|NATSUKASHIMISEYO

ローマ字読み|小文字

tamahokono|michinokamitachi|mahihasemu|agaomofukimio|natsukashimiseyo

左注|左註

右大伴宿祢池主報贈和歌|[五月二日]

事項|分類・ジャンル

天平19年5月2日年紀|贈答|大伴家持|枕詞|羈旅|出発|悲別|恋情|手向醎|無事|高岡|富山

校異

能->乃【元】【類】|味->未【元】【類】【紀】

寛永版本

たまほこの[寛],
みちのかみたち[寛],
まひはせむ[寛],
あがおもふきみを,[寛]あかおもふきみを,
なつかしみせよ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました