万葉集3950番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3950番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3950番について

歌番号

3950番

原文

伊敝尓之底|由比弖師比毛乎|登吉佐氣受|念意緒|多礼賀思良牟母

訓読

家にして結ひてし紐を解き放けず思ふ心を誰れか知らむも

かな読み

いへにして|ゆひてしひもを|ときさけず|おもふこころを|たれかしらむも

カタカナ読み

イヘニシテ|ユヒテシヒモヲ|トキサケズ|オモフココロヲ|タレカシラムモ

ローマ字読み|大文字

IHENISHITE|YUHITESHIHIMO|TOKISAKEZU|OMOFUKOKORO|TAREKASHIRAMUMO

ローマ字読み|小文字

ihenishite|yuhiteshihimo|tokisakezu|omofukokoro|tarekashiramumo

左注|左註

右一首守大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|恋愛|望郷|宴席|高岡|富山

校異

家持作【元】家持

寛永版本

いへにして[寛],
ゆひてしひもを[寛],
ときさけず,[寛]ときさけす,
おもふこころを[寛],
たれかしらむも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました